旅行記ネット

◆Home電子本作成代行◆電子本の自力製作◆旅行記を読もう◆運営ブログ
はじめに
旅行記の形
電子本とは
製作する電子本
旅行記ネットについて
相互リンク
お役立ちリンク
メール
旅行記ネット  リンク用バナー

旅行記ネットでおすすめする電子本の特徴

 電子本とはでウェブサイト形式選択の理由を書きましたが、御存知のようにウェブサイトにも色々あります。
 記録として永遠に残す意思がないなら、定着しつつあるブログ形式での無料サービスが一番簡単でしょう。特別な知識が必要でもなく、お金をかける必要もありません。どなたでも旅行記を無料で公開できる場所はたくさんあります。
 ただ無料のサービスゆえに著作権等に問題がある場合も多く、個人的にはお勧めはしかねます。

 この旅行記ネットでは、「お金をかけても永遠に残せるものを!」と考えています。書くのにかける時間を考えれば、いい加減な公開方法で、もし消えるに任せることになってしまったら、とても悲しくないはですか?

 私はこれまでに試行錯誤をしながら、今まで電子本を何冊も作成しました。その間、つねに考えていたのは、「変化の激しいネット世界の流れに逆らって永遠に残すにはどうすべきか?」ということです。
 状況の変化に合わせ、度々制作電子本の形も徐々に進化していますが、基本的な考え方は不変で、色々こだわりもあります。その中の2点だけをここに挙げておきます。

見栄よりも優しさ

 第一のこだわりは、見栄よりも優しさを優先すること。
 パソコンに向って長時間の読書をするのは目に優しくありません。目への負担を和らげ、少しでも長く読めるようにすることを大切に考えます。
 具体的には、
1.目に優しい色の組み合わせで、背景は無地。
2.文字のサイズを固定しない
デザインが崩れるからと文字サイズ固定のウェブサイトが多いですが、高齢者にはこれがつらいようです。デザインは少々崩れても、読者が文字サイズを選べる方が良いと考えます。

正しい形式

 ウェブサイトは、一般にHTMLやXHTMLという形式で形を作ります。
 ところが現状は形式では正しいとはいえない文法のウェブサイトがほとんどです。プロが製作するサイトでもほぼすべておかしなところがあると言っても過言ではありません。
 一般的に使用されるブラウザ(インターネットエクスプローラーなど)で思い通りに表示されれば、文法など読者には分からないこと。そう考えれば、ウェブサイトでは正しい文法である必要はないですから、かく言う私もこのサイトでは文法にこだわっていません。実際に現在使用されるブラウザの作動が文法に完全には一致しないので、文法にこだわると表現できることが少なくなるのです。
 しかし、電子本は「永久保存」が目標です。読書に使用されるブラウザは年々変化しています。現行ブラウザ特有の機能など当てになりませんが、正しい文法で書いていれば表示できなくなることはまずないでしょう。
 万が一、新しい形式へ現行形式からインターネットの主流が移行することがあっても、正しい文法ならコンバーターが開発され、問題なく変換できるはず。

 以上の理由からできるだけ正しい文法での電子本を作成をおすすめします。